FC2ブログ
ニコロ・ヴィンヤード&ベリー・ガーデン
八ヶ岳南麓の小さな果樹畑です
緑枝挿しの準備
が降ったり止んだりの日です。

雨の合間に挿し木用の穂木を取ろうと畑に向かったら、途中からむしろ雨が強くなって…

局、ニコラをガレージの中につなぎ、傘をさしながら、ハンナ、エチョータ、カーラ、レガシーの4つについて穂木を取りました。

この夏にぐんと伸びたシュートで、今後の剪定の時には必ず切り落とすであろうもの。

つまり、混み合っているとか、あまりに低い位置にあるとか、極端な内向枝であるとか、そんなものを適当な本数取ってきました。

201808161

は今日、マダムと娘、それから小さな女の子たち一家が清里にやって来るのです。

つまり、今日から三日ほどは、時間がままならない…

んなが来る前に緑枝挿しを済ませようと思ったけれど、折悪しく、また雨が降り出したためにお預けです。

外の水栓受けに水を張って(そうしなくても雨がたまるけれど)、穂木の根元を浸けておきました。

雨を見ながら
がかなり激しく降っています。

時々、遠くで雷も。

のところ、雨が少なかったので、まとまった量が降るのは歓迎です。

ただね、最近の気象は、程度をわきまえない:暑さもすぐに限度を超えるし、雨も一旦降り始めると限界を知らないかのように降る。

今日は適当なところで止んでくれよ。

庭に雨が落ちる様子を見ながら、そんな独り言を言っています。

201808131

201808132

前中は蒸し暑い曇りの天気でした。

昨日、今日と頑張ったせいで、ブルーベリーの株元の草取りは終了です。

まあ、この雨が降り出す前に終わって良かった。

ダムから、お墓まいりに行ったよとメールが入りました。

明日か明後日にまた来るので、今日供えた花はそのままにするとして、かわいい花の写真も…

さてさて、川崎の方は、雨の具合はどうなんだろう?

ブルーベリーの夏季剪定
食に、ブルーベリー入りのホットケーキを焼きました。

ブルーベリーそのものは生なので、熱々のホットケーキとジューシーな果汁が同時に楽しめます。

201808111

日は、がんばって、畑全面のロータリーモアでの草刈りをやりました。

まだ、一部のブルーベリーの根元の草取りが終わっていないので、作業手順としては逆なんだけど、暑さとか気分とかもあって…

ま、遠目にきれいに見えるようになりました。

、今日は、がらっと作業内容を変えて、Blueray の剪定です。

大体、ブルーベリーの剪定というのは、冬場の休眠期に行うものとされていて、どの栽培書を見てもそう書いてあります。

たしかに花芽がはっきりと見て取れるから、その方が確実です。

もね、果実の収穫を終えた今の時点で、どの枝を残し、どの枝を切るかは、一目瞭然とまではいかなくとも、大体は見て取れるのですよ。

それに、もともと、暖地地方とは違って、新梢の秋伸び(第3次伸長)をさせないように春以降の施肥もしていないわけだし…

通常の作り方をしていないんだから、夏季剪定の方を本格的にやるくらいの変則はあってもいいんじゃないかと。

201808112

んなことで、5列あるBlueray の夏季剪定を済ませました。

他の品種は、剪定と同時に、剪定枝の緑枝挿しをするので、これから追々と進めていくことにします。

袋がけが一段落
ラウェア(2列)への袋がけが一応終了しました。

ちゃんとは数えていないけれど、300房くらい!

201808091

201808092

201808093

ャンベル・アーリー(3列)の方は、まだほぼ1列分が残っています。

でも、ネットで注文した袋が、あと1週間以上しないと届かないんですって。

(プライム会員の時は当たり前のように翌日配達だったのに、会員をやめたら、途端に「通常配送」と称して、2週間〜3週間先の配達になってしまった…。ちょっとやりすぎじゃない、アマ○ンさん!)

がけの作業の過程で、かなり多くの青ブドウ(未熟果)を切り落としました。

無農薬なので、アグリーダ(ヴェルジュ)が作れます。

一部を冷凍保存したので、もし、欲しいという方があれば、お声をおかけください。

、しばらくは、また草取り&草刈りの毎日が続きそうです。

ブドウが色づいて来た
日、伊那谷まで出かけて丸一日遊んでしまったので、今日はがんばって畑仕事です。

ブルーレイの夏季剪定を1列分やった後で、ブドウのキャンベル・アーリーへの袋がけの続き。

100枚を用意していたけど、とても足りなかった。

あとでもう100枚、追加注文しなきゃ。

のところの暑さの影響か、色づいた実が急に多くなってきました。

201808071

201808072

のヴェレゾンの時期は、ブドウ作りをやっていて、一番ウキウキします。

葉っぱの下を覗き込んでは、あ、ここでも飛び玉が出ている!とか言いながら、ニタニタ…

のところ、病気は出ていないし、虫の被害もほとんどありません。

これで、一気に袋がけを済ませることができれば、秋は豊作になるんだけれど。

はたして2018年、ヴィンテージ・イヤーとなるか?


時計の博物館
ダムが今描いている絵には、振り子時計が描き込まれています。

モチーフの重要な一部、ということで。

んなこともあって、機械仕掛けの時計のことを調べたり、実物のコレクションを見ようと、マダムと一緒に伊那市にある時計の博物館に行きました。

清里からは、中央道を使って1時間と少し。

201808061

18世紀から19世紀にかけてのヨーロッパの時計を中心に約300点の時計が展示されています。

たまたまネットで調べて、これいいかも、というノリで行ったのに、実に見事な展示品の数々、それに建物そのものにも圧倒されました。

201808062

201808063

学を終わったのがお昼時だったので、近くの見晴らしファームに出かけて、そばをいただき、地元の野菜などを調達。

こまで来たら、かんてんぱぱが近くだから行って見ましょ!

というマダムの提案で、さらに南下。

で、かんてんぱぱで、これまた良く手入れされたガーデンを見て、いくつかショップで買い物をしたら、そう言えば、養命酒もこの近くよね!

と、話が続き、結局、養命酒の森にまで足を伸ばすことに。

マダムが生薬のサンプル瓶を眺めている間に、ニコロMは養命酒を1本買って、その後しばらく森を散策。

那谷の名所を、期せずして一巡りした一日でした。

マダムの山登り
じいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に、という昔話の冒頭部分がありますが…

本日は、マダムは三ツ頭に山登りに、ニコロMは畑仕事に、という話です。

山開始直後に、見事な山葡萄が!というマダムからの一報に、川崎の娘が反応して「登山どこ?」

ニコロMが「お母さんは三ツ頭へ山登りに、お父さんは家で洗濯」と返したら、「残念、桃は転がってこないね」だって。

川崎の暑さもそれほどでは無いってことかな。

れぞれの様子を報告できればいいんだけど、こういうときに限ってニコロMはスマホを家に置き忘れて来たのでした。

デラの袋がけをやったほか、ブルーベリーの根元の草取り、それに剪定もやって、結構盛り沢山の仕事をしたんだけど…

宅してから、マダムが送ってくれた写真をあらためて確認しました。

三ツ頭から見た権現岳。

201808051

して赤岳。

201808052

めも良く、そして体調にも特に問題のない、いい登山だったと。

ま、良かった、良かった。

copyright © 2018 ニコロ・ヴィンヤード&ベリー・ガーデン all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ