ニコロ・ヴィンヤード&ベリー・ガーデン
八ヶ岳南麓の小さな果樹畑です
マメに仕事してます
ょっと冷え込んだ、曇りの一日。

長袖シャツの上にセーターを着て、さらにその上に作業着を着込んで、草取りの続きをしました。

南のベリー畑の4列分。

草の生え方が密なせいなのか、仕事がそれと気づかず丁寧になってきたのか、おとといや昨日と比べるとペースが落ちています。

ま、あと2列、とにかく完了までマメに働きます。

の南のベリー畑に接している隣地では、手前が黒いマルチ、奥が白いマルチになっています。

ちょっと見には、池か湖か、何か広い水面がありそうな感じにも。

201704271

201704272

の方を見やると、やはりタンポポ畑です。

201704273

し、タンポポを見ながらお弁当を食べたいなと思われる方がいらっしゃったら、ご遠慮なくどうぞ。

いつもの通り、入園料とかはいただきませんし、テーブルも椅子もあります。

明野のひまわり畑とかだったら、観光バス何台もの人がやって来て、ひまわりを見ているのか人の顔を見ているのかわからないくらいだけど、ここでは、基本的に他に人はいません。

心ゆくまでタンポポをお楽しみください(とは言え、やっぱ、そういう人はいないかな?)。

もっとも、今やっている三角鎌の除草作業が終わったら、ロータリーモアで広く刈り始めるので、いつまで黄色の絨毯があるかは保証の限りではありません。

草刈りは続く…
たまた、似たような畑の写真ですが…

今日のニコロ・ヴィンヤードの北側の様子です。

201704261

っぱりタンポポの黄色が復活していること、それと、雑草を鎌で取ったせいで樹列下の土の色が濃くなっていること、が見て取れます。

昼どきにパラパラと小雨が降って来たので、一旦清里に戻り、お昼を済ませてから、再度畑に行きました。

もう一日の作業で、ベリーの樹下の雑草取り(by 三角鎌)は終わりそうです。

の南側の隣地は、結局キャベツ畑になったようです。

黒のビニールマルチを敷き詰めて、周囲に電柵を巡らし、トラクターから突き出した長い腕の散布機で農薬なのか肥料なのかを撒いています。

薬の飛散が心配だけど、シカの被害リスクがこれで激減したのは間違いないので、トータルでは悪くはないのかも。

まあ、それに眺めが良くなったのは事実だし…

う言えば、昨日も今日も、畑への行き帰りに畑のそばでキジに出会いました。

キジがタンポポ好きとは聞いたことがないな

ひょっとして、生活圏が狭まったので、ニコロ・ヴィンヤードをあてにし始めた?
三角鎌で草取り
角鎌でブルーベリーとぶどうの株元の雑草を取りました。

一日の作業で畑の半分ほど。

差しが暖かくて、シャツ一枚でもいいくらい。

ぶどうの芽が少し膨らんで、ピンクがかって来ました。

201704252

201704251

ころで、草取りの間じゅう、耳から離れないメロディーがありました。

→ Always in my heart

懐かしいような、切ないような、美しいメロディー。

それに、残念ながら全部は聞き取れないけれど、分かる範囲だけでも、胸に響く歌詞です。


里の庭で、今年もカタクリが咲きました。

ちょうどこの辺りをニコラが走り回っていたのでマダムが心配していたけれど、ま、被害はないようです。

手前の緑色の葉はクロユリです。

201704253

々なツツジの類が花芽をふくらませています。

201704254

草刈り、ひとわたり済んだ
日の残りの部分の草刈り終了!

黄色いカーペットがなくなったのはちょっと寂しい…とは言え、畑の管理上、やむを得ません。

ってしまえば、それはそれ、スッキリします。

こんな感じになりました。

(でも、例年のことで、二、三日したらまた黄色が戻ってくるので、スッキリ状態もほんのしばらくのことだけど…)

201704241

201704242

テーブルが久しぶりにテーブルとして機能しました。

お昼の後、椅子を持ち出してSNさんとコーヒー、3時にKさん、TNさん、TKさんたちがテーブルの周りに集まって、一休みしながらお茶会。

んなことができる、暖かな季節になりました。

タンポポとブルーベリー
りましたよ、畑ランチを挟んで、草刈り。

樹間などの狭い場所は刈り払い機で、それ以外の広い場所はロータリー・モアで。

201704231

201704232

面の黄色の草原が、今日の終了時点で、半分ほどに縮小しました。


ころで、ブルーベリーのハンナズ・チョイスの中には、すでに花の咲き出しているのもありました。

201704234

201704233


通いが楽しくなる季節です。

Another green season comes around!
り払い機の修理が済みました。

プライミングポンプの、ポコポコと押す樹脂のパーツに穴が開いていたのが、不具合の原因でした。

そのパーツを取り替えてもらって、一件落着。

日は、タンポポの黄色い花がかなり咲いて、ニコロ・ヴィンヤードはさながらタンポポ畑の風情。

隣地に住むKさんは、綺麗なんだからそのまま残しておけよと言うけれど、いや、そうも行かないので、明日からは刈り払い機とロータリー・モアとで、草刈りの予定です。

て、冬を越した挿し木苗のポットたち…

ブルーベリーのほとんどが寒さと、それから多分乾燥のせいで(凍った土が根を浮き上がらせた!)、ダメになりました(トホホ)

一方で、カシス(ブラック・カラント)は、ほとんどが元気に青い葉っぱを出しています。

生育環境がよほど合っているのかな。

ずれにせよ、そんな次第でいよいよ新しい緑のシーズンが始まります。

小さな果樹園のファーマー、頑張っていくぞ!

201704221
ワサビ、さらに発見!
々、ポツポツと落ちて来たりする、曇りの日。

清里の庭でタンポポを引き抜いたり、木の剪定をしたり、ニコラの相手をしたり…

んな作業をしていて、新たに2箇所、ワサビの生息場所を見つけました!

このひとむらは、もともと見つけていたもので、小川の下手の対岸にあります。

201704212

、こちらが庭の中ほど、手前側の川岸で、今日見つけたもの。

もともとマダムがこの辺りにワサビを手植えしたことがあったので、それが生き延びていたのかな。

201704211

して、少し上流の対岸に、クマザサの下に隠れるようにして、もう一箇所。

201704213

だ口にしていないのでホントにワサビかどうかは未確認だけど、葉っぱの形は間違いなく、ワ・サ・ビ!

今後が楽しみです!

copyright © 2017 ニコロ・ヴィンヤード&ベリー・ガーデン all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ